法は法のプロに?

私達は、ある程度基本的な法律用語は知っているかもしれません。それらを適用して、生活しているからです。しかし、専門的な事となると、知らないことも多いでしょう。また、基本的な事柄だと思っていたことでも、実際は良く知らなかった、ということも多いからです。ですから、専門に法律を学ぶ人が必要であり、私達はそういった人に頼ることができます。それがまさに、『弁護士』というや役職です。そういった人がいるからこそ、私達は私達に対応しきれないと思うような問題でも、解決に向かって進むことができるのです。

例えば、借金問題を抱えて、それが法的なトラブルに発展することがあります。個人間でも、会社相手にでも、起こり得ます。そういった場合に、自分だけで対処することもできるかもしれません。しかしそうなると、いろいろな場面で不利に働くことがあります。

もしそこに、顧問弁護士という力強い味方がいるなら、交渉などが発生しても有利に働きますし、相手に対しても、弁護士がいるということを示すことが有利に働く場合があります。そういった場合を想定して、会社においても、個人においても顧問弁護士を雇うということは、必ず何らかのメリットがあります。